e-研究者.com


問い合わせ

サイトマップ

本文へジャンプ
 Contents















日本財団公益コミュニティサイト

ビタミン博士


研究者への道


研究とは「自らによって洗練された美しい仮説が、予想外の実証によって汚され修正を余儀なくされる事」
と言える(一部の素晴らしい研究を除く)。そして、アカデミアにこだわる研究者の人生は「志と希望に満ちた未来予想図と、予測不能で確実性のない現実的選択肢の間で常に悩まされること」と言われる

 
研究者とは?

 
医学・生物学領域の研究者とは、大まかに分けると下の表に示された職業人の事を指す。しかし、国家資格等を必要としない為、自称すればまかり通る場合もある。
 

大学教員
  • 国公私立大学・大学院・付属研究所などの教員
  • 教授、准教授、助教、(助手)、技官など
国立研究所研究員
  • 各省庁に属す国立研究所の研究員
  • 国家公務員である
独立行政法人
研究所研究員
  • 独立行政法人の運営する研究所職員
  • 元国立研究所の場合でも、法人団体職員である
地方自治体所管
研究所研究員
  • 地方自治体の運営する研究所職員
  • 地方公務員である
民間企業研究員
  • 一般企業の研究員
医療従事者
  • 医師、歯科医師、薬剤師、臨床検査技師など
  • 大規模病院等には付属研究所があることがあり、医師や研究員が基礎・臨床研究を行っている
個人研究者
  • 研究組織に属せずに研究を行っている個人
ポスドク
  • post-doctoral fellow(博士後研究員)略して、ポスドク。
  • 国や大学の科学研究費によって雇用される任期付き博士研究員
派遣研究員
  • 民間仲介業者を介して民間企業・国立研究所等にて期間就労契約で働く研究員

 

 研究者になるには? (概論)
 
目指す研究者の職種によって辿るべき道筋は微妙に異なるが、医療系国家資格を要する職種以外については大体同じ道筋を辿り、その途中で派生する。
 
大多数の人が目指す大学教員・研究所研究員と民間企業研究員を例に概説すると、大まかな過程は下図のようになる。

 


図1.研究者になる為の概説図
 



 
学士とは大学卒業者に与えられる学位で、修士・博士はそれぞれ大学院修士課程(博士前期)・博士課程(博士後期課程)を経れば授与される。
 
図中の線の種類は、採用試験等合格者に於ける該当資格者の割合や募集人数総数などを総合的に勘案し算出した難易度を示している。実線の経路はある程度の目標を持って活動を行えば比較的容易に辿れる順路であり、点線は統計上は多数派とは言い難く他人よりも格別の努力を要する選択肢である。グレー線は、すばらしい研究実績や人脈・運などを伴った場合には比較的スムーズに辿れる道である。
 
上の図をよく見ると分かるように、民間企業に就職を希望する場合は修士の段階で活動するのが最もうまくいく可能性が高い。しかし、大学教員などの場合は博士を取得していないとなるのは難しい。学士では、民間・大学どちらの研究職を希望しても困難な場合が多いが、大企業から中小企業へターゲットを変えたり、地方公務員や国家公務員試験を受けて公的研究機関への就職を目指すなどの対策をとれば可能性はある。

 


博士・ポスドクが大学教員等を目指す場合は、
 
  • その分野で他を圧倒するような素晴らしい研究を展開し業績を積み上げる
  • 学会などで沢山の偉い先生方と知り合いになり空いたポストがあれば紹介してもらえるような関係を構築する
  • 希望するポストの条件を出来るだけ無くし、出願資格のある公募にはドンドン挑戦する(大学の所在地や大学名、給料の額など)

上記の三点が満たせるよう努力をする必要があり、三点を完璧に満たした人は大学などの研究者になれる可能性が高いでしょう。
 
上の表に示した各々の職種についての各論は、職種リンクページの職業説明の中に詳細を記しているのでそちらを参照してください。
 

PR
募集中
職情報
募集中

Created by Webpac


 

Copyrights(C)2007-2008 e-研究者.com All rights reseved.